ハーティハンズ

作務衣 通販 | 藍染作務衣やオーダー作務衣の通販はハーティハンズ

メール

でのお問い合わせはこちら

billingual

 

 

 

オーダー

作務衣(さむえ)

 正藍染

 五倍子染

半纏(はんてん)

 二重刺地

 刺子織り

陣羽織

 正藍染

 五倍子染

 

レギュラー

作務衣(さむえ)

 正藍染

 黒茶染

 五倍子染

 寺院作務衣

半纏(はんてん)

 二重刺地

 刺子織り

陣羽織

 正藍染

 五倍子染

水屋着

料理着

ジャケット

シャツ

 

小物

頭陀袋

ストール

暖簾(のれん)

風呂敷(ふろしき)

手拭い(手ぬぐい)

靴下

下駄

テーブルクロス

座布

きんちゃく

 

染めで選ぶ

正藍染

黒茶染

五倍子染

阿仙染

よもぎ染

 

織りで選ぶ

平織り

刺子織り

二重刺地

 

店長日記

店長の坂東です。

こちらへ


武州に江戸時代から伝わる藍染・草木染を日常生活の中で生かしていけたら嬉しいです。

宜しくお願いいたします。
 

価格から商品を選ぶ

会員登録はこちら

↓クリックしてください↓

会員登録はココから

会員になるとお買い物の際に、住所を入力する手間がかかりません。ぜひご登録ください!


 

携帯ページ

 
HOME»  織りで選ぶ»  刺子織り

日本の伝統民芸「刺し子」は、その誕生は今から約500年も前になるのだそうです。もともと「刺し子」は布地を部分的にかがったり、繕ったりして補修することから始まり、やがて破損の激しい肩・胸などの部分を初めから装飾的に補修に使われました。そして、機械織りで出来る様になり、現在では「刺子織り」は、広く、剣道着・柔道着の素材として使用されています。また、作務衣やバックの分野でも、価値ある素材となっています。  表面に凹凸があり、その糸の目の大きさの違いで、織り上がりの印象は変わります。  繊細なイメージから、消防刺子のような力強いものまで、用途やデザインに合わせてお使いいただけます。

商品一覧

並び順: